会場の選び方やお店の手配

和食

お寺との打ち合わせも必要

川越で法事をする場合、会場は自宅にするかお寺にするか、どこかを借りるか決めなければいけません。川越は住宅地ですし持ち家の人も多いですが、最近は自宅ではなくお寺を借りたり、法事専門の会館を借りたりするほうが一般的になってきました。専門会場利用のメリットは、花や供物は持ち込みが必要ですが、必要な仏具が揃っているので自宅からは御位牌だけを持参すれば済むことです。一般の貸し会場の場合は仏具も施主が全て持ち込む必要がありますし、焼香は避けて欲しいという会場もありますので注意が必要。お寺の場合は花や供物の持ち込みは必要ですが、年忌によって内容が異なるので事前によく相談しましょう。法事の目的は、故人の冥福を祈ること。現在は省略形が多いですが、亡くなった日を入れて初7日と49日の忌明けに法事を行うのが一般的。地域によっては異なりますので確認が必要ですが、その後は1年目の一周忌、満2年目の三回忌、満6年目の七回忌と続くのが一般的です。法事の後には会食を行い、故人を偲ぶのが一般的ですので、招待客の人数を確認して食事の用意をする必要があります。仕出し弁当の場合もありますが、会場とは別にレストランやホテルを予約する事も増えていますので、施主が決めると良いでしょう。川越には、法事に適した個室を準備出来る割烹レストランなどもたくさんあります。やはりまとまった人数になりますし、小さな子供連れの人が参加する場合もあるでしょうから、個室のほうが安心でしょう。食事に特に決まりはありませんが、やはり和食が一般的。せっかくなので、川越の美味しいお店を予約すると良いですね。

Copyright© 2017 個室を完備している居酒屋で宴会をするなら|お店選びが大切 All Rights Reserved.